赢球体育app下载_线上游戏官网~

图片

2021/04/24

健康管理システムへの協力を ~まん延防止重点措置の延長を受けて~

◎一人はみんなのために、みんなは一人のために

 新年度が始まり、1カ月がたとうとしています。この間も、赢球体育app下载の感染拡大は、変異株の割合が増加し歯止めがかかりません。このような中で、本学では体調管理システムにより毎日の学生の皆さんの健康状態を把握し、体調面で問題がない人だけをキャンパスに入構できるようにしています。一方、変調のある人には速やかに連絡し、病院への相談を促し、PCR検査を受けて陰性である事を確認してから授業や部活動を再開するように指導しています。

 感染リスクをできるだけ下げると同時に必要な対面授業や部活動を続ける事が、体育大学としての本学の使命であるはずです。このために健康管理システムが重要な役割を果たしています。そしてこのシステムの成否は、学生の皆さんの協力にかかっています。まさに、One for All, All for One です。

 

◎不要不急の外出を避けよう

 東京、京都、大阪、兵庫の4都府県で「緊急事態宣言」が出されました。本県でも「まん延防止重点措置」が延長となりました。これまでと同様に授業や部活動動を続けていくためには、学生の皆さんのなお一層の自重した行動が求められます。手洗いと消毒、マスクの着用、人との距離を取ることはもちろんのこと、不要不急の外出の自粛(今回は帰省も控えてください)、アルバイトをやっている人は勤務先と自宅以外には立ち寄らないなど、感染防止のために人との接触を出来る限り避ける行動をお願いします。

 繰り返します。現在本学が推し進める健康管理システムは、学生の皆さんの自覚と行動の上に成り立っています。対面授業ができるのも、部活動に全力で取り組めるのも、また、新入生の皆さんがキャンパスを自由に歩けるのも、皆さん一人一人の力添えがあるからこそです。コロナとの闘いは続きます。仙台大学のチームワークで乗り切っていきましょう。

学長